北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

ウニ・いくらセット【産直】函館朝市の海鮮丼をご自宅で!ミョウバン不使用の極上塩水ウニ&絶品イクラの醤油漬け

北海道函館市からの産地直送メーカー「いちばん屋」から「ウニ・いくらセット」が発売中です。

 

ウニイクラ1

 

ウニイクラ3「ウニ」は、ウニ本来の味が味わえる最近注目の塩水ウニ」です。

ミョウバンを使わず、北海道の港町で食べられるのとほぼ同じ、苦味の無いクリーミーな生ウニが堪能できます。

 

 

ウニイクラ2「イクラ」は、プロが味付けして仕上げた「イクラの醤油漬け」です。

腹太で脂の乗った獲れたての鮭から取り出し、一粒一粒丁寧に状態を確かめながら醤油漬けされた絶品です。

 

 

ウニ・イクラセットの他、「ウニ」と「イクラ」を個別に購入もできます。

■ウニ・イクラセット 販売価格(税込): 8,980 円 塩水生ウニ-100g、イクラ醤油漬け-250g (丼で2~3人前)
■塩水生ウニ           100g 販売価格(税込): 6,480 円
■イクラ醤油漬け ・ 250g   販売価格(税込): 2,680円
             ・ 500g 販売価格(税込): 5,480円

さらに、豪華な海鮮丼にするには活きホタテ」「活きアワビなどお好みの商品をトッピングすると、函館でもなかなか食べられないような丼が出来上がります。

客を満足させるのは破格値ではなく「破格の味」

このセットの販売価格は安直な販売競争に流されない品質重視のためか、正直もっと安く購入できる業者は他にあります。
というのも、この「いちばん屋」という産直メーカー。愚直なまでに「鮮度と質」に拘っているのです。
通販サイトを見ると気付きますが、「活きているものは活きたまま」、本場で味わえる味をそのまま届けるんだといった意気込みが垣間見られます。
仕入れ先や加工においてなどの品質に関わるような、無理なコスト削減は排除したうえでの価格設定だからなのでしょう。
冷凍便の商品は必要最小限のラインナップに留めてあり、「安易に冷凍処理して味を落とすべからず」といった感じです。
全国にいる本物の味を知る消費者が、この「いちばん屋」をリピートして利用しているのも頷けるわけです。
以前より、通販を利用し海産物を購入した消費者のクレームを少なからず目にすることがあります。「鮮度が悪い」「美味しくない」といったコメントは、道民として北海道を応援している私にとっても悲しいことです。
お客を商品で満足させ再び利用したいと思わせる業者こそ、私がこうして応援するべき業者でもあると考えます。

 

好き嫌いが別れる原因「ミョウバン」

時効ではありますが、子供のころ海水浴といえば海に潜って獲るウニが楽しみでした。
現在、ウニはしっかりと漁業権が設定されており、許可無しに一般人が採取すると密漁で逮捕されます。
しかし当時は良いのか悪いのかそのへんがゆるゆるでありまして、「なるべく獲り過ぎないように」と注意された覚えがある程度です。
母親におにぎりを作ってもらい出掛け、砂浜で獲ったばかりの生きたウニを焚火で焼いて食べて、飽きたら今度は生のまま殻を割って指ですくって食べ、無くなればまた泳いで獲りに行く。
今考えると、贅沢な経験をしていたもんだとつくづく思います。ウニに限らず日本中の田舎で似たような状況があった時代でもあるかと思います。catsしかし、寿司屋で出されるウニの軍艦巻きは大の苦手でした。海水浴で食べていたウニの味とは似ても似つかず「ウニは死んだら味が変わるんだ」と思い込んでいました。
市場に出回るウニは、殻から出され溶けて型崩れせず少しでも保存が効くようにとミョウバンに漬けられ板の折に綺麗に並べられています。
ミョウバンは天然の保存料としてウニの商品化に貢献しました。でもウニを嫌いな人にとっては、ミョウバンのモヤッとした苦味こそがその原因であることが多いのではないのでしょうか。
子供には解らない大人の味、と表現されたりして、それがウニの味であり珍味であると理解されていた節もありました。
ミョウバンの味が移ったウニはいわば「ウニの加工品」であるともいえます。本来の生ウニの味ではないからです。
しかし、ミョウバンを使わず塩水に浮かべたままで流通させる製法が広く採用されることで、日本全国隅々まで正当な「生ウニの味」を伝えられるようになりました。

「塩水ウニ」は、海水と同じ濃度の塩分に調整された水に漬けられています。
ウニを塩水から出したら、キッチンタオルなどの上に並べて「塩抜き」します。
少し試食してみて、まだ塩辛く感じるのであれば、ボウルに水道水を溜めて、そ~っとウニを入れます。すぐに取り出してキッチンタオルに並べます。
保存する場合は冷蔵庫に入れ、1~2日で食べ切ってください。

 

capture-いちばん屋

 いちばん屋の海鮮類は函館朝市の老舗店から仕入れています。

ウニ・いくらセットの他、初回限定お試しセットなどのお買得品もあります。

さらに商品詳細、ご購入は下記リンクからお願いします。

 

SPONSORED LINK

      2016/10/31

 - イクラ, ウニ, セット商品 , ,