北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

献上数の子松前漬け 【白醤油仕立て】【人気商品】網走市の出雲大社に奉納された伝統の味

《北海道限定》豊漁祈願の「献上数の子松前漬け」

海の神様である北海道網走市の出雲大社に

豊漁を願い献上された「献上数の子松前漬け」

松前漬け2函館松前町の郷土料理を、オホーツクの海産物で仕上げてあります。

がごめ昆布やイカ、数の子をふんだんに使用し、あっさりとした白醤油で素材の味を引き立てています。

この松前漬けを製造販売する「網走水産」では、カニや鮭など数ある商品の中でも人気No.1となっているのです。

地元にある「網走水産」の直営店で観光客に試食してもらうと「旨い!」と驚き、手に取って帰られる逸品。「また食べたいので取り寄せしたい」との声に応えて通販サイトに載せたところ、生産が追いつかないほどの大人気となっているそうです。

数の子のパリッとした食感、スルメイカ特有のうま味、良質なコンブの味わい、厳選された素材が醸し出す北の珍味の王様です。

そんな代々受け継がれてきた伝統の逸品。

贈り物やご飯のお供に、この機会にぜひ味わってほしい一品です。

松前漬け

『献上数の子松前漬け/500g×2/化粧箱入り』 特別価格:4,200円(税込)
 (送料:北海道960円・沖縄2,400円・その他の地域一律1,200円/各種ギフト対応)

↓↓さらに商品詳細、ご購入ページへは記事下部のリンクから移動できます。↓↓

 

松前漬けの歴史

松前

松前城

名前の通り、北海道松前郡松前町の郷土料理として生み出された料理です。
江戸時代、松前藩の漁師がたくさん獲れたニシンの卵(数の子)を余すことなく利用するための保存食として、ニシンと共に当地の特産であったスルメイカとコンブで和え、味付けは塩のみで造られていました。

数の子

捨てるほど豊漁だった数の子

その後、ニシン漁が衰退し数の子が希少品となると、スルメイカとコンブ、これにクラゲやニンジンなどの野菜を細切りにして加えたり、醤油を主体に生姜や唐辛子に調味料で味付けするなど多様化していくこととなります。

松前漬け3

味付けが塩から醤油に変わったきっかけは、松前漬けが初めて商品化された昭和12年のことで、知名度が上がり全国的に普及する転機でもありました。

 

オホーツクの「網走水産」

網走水産では、この松前漬けを伝統に沿った素材(数の子・イカ・コンブ)に、白醤油で味付けを施し旨味を損なうことなく食べやすくあっさり仕立ててあります。

capture-網走水産4

北見市の直営店

隣町の北見市にある直営店は観光バスが立ち寄るルートにもなっており、オホーツク海の新鮮な海産物はもちろん、評判の「献上数の子松前漬け」を求める内外のお客で賑わいを見せています。

capture-網走水産3

網走水産-発送センター

オホーツクでも随一の巨大冷凍庫を設けた発送センターにより、効率的な流通システムを構築しており、新鮮で安心な商品を全国に届けてくれます。

cats

「網走水産」通販サイトでは新鮮な海産物・農産物を扱っています。
札幌などの大都市のお店と比べて、少し送料は高くなってしまうかもしれませんが、地元の利を生かして仕入れた特産品には割高感を感じないはずです。
いつもと違う、本物のオホーツクの味をご堪能ください。

商品詳細、ご購入は下記リンクからお願いします。

 

>>【関連】網走水産の商品を取り上げた記事一覧<<

 

SPONSORED LINK

      2016/07/29

 - 未分類 , ,