北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

生どら 【JAこしみず】ご当地限定品をお取り寄せ・道産素材のスイーツ

生菓子のどら焼き「生どら 小麦色の街から」

capture-生どら1

オホーツク海に面する小清水町の「JAこしみず」では地元の素材を使用した「生どら 小麦色の街から」を販売しています。

capture-生どら2

ギフトなどにも

道外の人だとまだ知らない方が多いかもしれませんが、口コミなどで話題になり知る人ぞ知るローカルスイーツです。

小清水町は畑作と酪農が盛んで、北海道を象徴するような農産物や畜産物で名を馳せている町です。

また、国定公園の一部にもなっている「原生花園」では、花の季節になると訪れる観光客の目を癒しています。hokkaido-小清水町

原生花園

JR 原生花園駅

原生花園のハマナス

原生花園のハマナス

この「生どら」は、原材料に小清水産の「小麦粉・小豆・砂糖」が使われています。

生クリームと粒あんは贅沢にミックスされていて、挟む生地は小麦の豊潤な香りをまとっています。

こだわり抜いた素材により生み出された「生どら 小麦色の街から」は、発売以来、この味に出逢った人たちを虜にしました。

でも、小さな町のお店で手作りされているので販売数をむやみに増やすことは出来ません。

販売数には限りがあり、手に入れるには小清水町周辺のAコープや物産店などのイベントへ足を運ぶしかありません。

お取り寄せする場合は、全農の通販ショップ「JAタウン」がAmazonに出店しているので利用することができます。

↓JAタウンへは下部リンクから↓

元祖から産まれた優等生

この「生どら 小麦色の街から」には元祖となる「生どら」が別に存在します。
小清水町の隣りにある東藻琴村「すがの菓子店」。ここで作られていた「生どら焼き」の人気と美味しさを耳にしたJAこしみずが、小清水町の素材を使った新しい「生どら焼き」の商品開発を依頼したのが始まりでした。
当初、依頼を受けたすがの菓子店の店主は「いくら素材を変えたからといって作り方は同じなんだから味は変わらないだろう」と言っていたそうです。
そして完成した「新・生どら焼き」。店主いわく「うちのより美味しくなっちゃったかもしれない・・・」と認めざるを得ない出来になりました。
そんなエピソードもあった中「生どら 小麦色の街から」は産み出されたのでした。

現在でも東藻琴村の「すがの菓子店」では、元祖「生どら焼き」の他、ダチョウの卵を使った「生どら焼き」も販売しています。東藻琴は国内で最も早くダチョウの飼育を始めた町でもあります。もし、東藻琴の近くに出掛ける機会があったならぜひ「すがの菓子店」に立ち寄ってみて下さい。

粒あんが主張しすぎない味

生クリームと小豆の相性の良さは、スイーツ好きでなくともご存知かと思います。
巷にも、生クリーム入りのどら焼きは数多くありますが、そのほとんどが主役はあくまで「あんこ」といったものです。
その点では「生どら 小麦色の街から」は商品画像からも確認できる通り「生クリーム」が主役ともいえます。
甘さを控えた生クリームからは優しい生乳の美味しさが存分に感じられます。練り込まれた「粒あん」は、良質な小豆の舌触りとともに生クリームとの相性の良さに拍車をかけています。

JAこしみずの「生どら 小麦色の街から」は、全農「JAタウン」が出店しているAmazonから購入できます。

SPONSORED LINK

      2016/08/10

 - スイーツ , , ,