北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

ウマミナチュレ 使って安心!天然素材のうま味調味料

ウマミナチュレ

ウマミナチュレ ロゴ

 

明治44年創業の老舗松前屋では、天然のうま味成分を持った北海道産昆布を使った無添加の調味料を販売しているので、今回この「ウマミナチュレ」に注目してみます。

化学調味料・保存料・合成着色料は使われておらず、安心して調理に使用できる万能調味料「ウマミナチュレ」。縁起のいい末広がりのフォルムは安定性に優れていると同時に、おしゃれな使い勝手をイメージさせてくれます。塩昆布をベースにいろいろな天然由来のうま味成分を混ぜ込み、多様な用途に対応するため細かくカットしてあるふりかけタイプです。従来のだしパックのように魚系粉末をベースにしていないので野菜・肉料理にも使えて和洋中とジャンルを選びません。味が決まらない時の仕上げや手間のかかる下味をつけるときにも活躍します。

5種類のフレーバーに別れており、それぞれを使い分けることによって調理の幅もグッと広がりそうですよね。
「プレーン」「柚子」・「バジル」・「カレー」・「紫蘇(シソ)」
松前屋」の公式サイトでは様々なレシピを提案してくれています。

 

グルタミン酸とグルタミン酸ナトリウム

食品の成分表示に「調味料(アミノ酸等)」と表示されるグルタミン酸ナトリウム(MSG)
インスタント食品・加工品・調味料にと広く使われています。
しかし、塩と同じく摂り過ぎると体に害があるとされていて、体がだるくなったり偏頭痛を引き起こす可能性も疑われているため、使用を控えている方も多いかと思います。
調味料(アミノ酸等)-crop

グルタミン酸ナトリウムの摂り過ぎによる害は、未だ十分な研究が進んでおらず早計な判断は出来ませんが、使わずに美味しいものが作れればそれに越したことはないとも言えます。
塩は入れ過ぎると塩辛くなることですぐ気がつきますが、グルタミン酸ナトリウムは入れすぎても味覚に対しての変化が乏しいため気づきにくい特徴を持っています。
グルタミン酸ナトリウムは、サトウキビの糖分を原材料にして、生産菌の働きでグルタミン酸を抽出したのち、ナトリウム化(味付け)させる製法で得られています。
昆布やトマトに含まれる天然成分であるグルタミン酸は、グルタミン酸ナトリウムを生成する過程の中間成分であり、母乳にも含まれている身体に必要不可欠な成分です。
グルタミン酸とグルタミン酸ナトリウムを混同されている方もいますが別のものであると考えてよろしいでしょう。

 

新しい調味料から定番の調味料へ

グルタミン酸ナトリウム(MSG)の件のように「どうも怪しい」と噂になると「買うな」「使うな」とバッシングが起こり易くなる時代です。こういった風潮は各分野にも言えることで、エスカレートしすぎると経済が冷え込みかねません。
松前屋」のこの新しい調味料は、このNO-MSGの流れを逆手に取った新たな提案ともいえる気がします。
昨今は「オーガニック・ブーム」が独り歩きしている感も否めませんが、個人であろうと企業であろうとオーガニックを追及すること自体は推奨されるべきであると私は考えます。
企業が示す提案を消費者が評価することによって、追従する企業が生まれ競争力を持った商品が市場に出回ることとなり、消費が促されていきます。
昆布のうま味を利用して調理することは昔からそしてこれからも変わりはないでしょう。「ウマミナチュレ」は、私たち使う側の「毎日の食事に対する姿勢」を問う夢先案内人と成り得る商品のひとつといったら言い過ぎでしょうか。

 

松前屋」では「ウマミナチュレ」の他、最近メディアにも注目されている液体調味料「昆布の水塩」もラインナップしています。料理好きの人にはアイデアを想像できる商品類だと思いますので覗いてみてください。

創業一世紀以上を誇る老舗松前屋です。

ONLINE SHOPではギフトにも対応しています。

capture-松前屋

松前屋Topページ画

昆布を知り尽くした昆布専門店!

出汁コンブや絶品の加工品の品揃えは要チェックです。

⇩⇩⇩

SPONSORED LINK

      2016/09/29

 - 調味料・だし