北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

たこしゃぶ【ミズダコ生スライス】柔らかく飽きのこない絶品の味

ミズダコ

マダコに比べて「水っぽい」「味が薄い」と言われていたミズダコ。

それは調理の方法によるものが原因でした。

マダコと同じ茹で方をしたり、マダコの代わりにミズダコを使っただけのタコ料理です。

でも、ミズダコにはミズダコに合った料理方法があるのです。

その代表と言えるのがこのミズダコを使った「たこしゃぶ」です。

家庭では難しい薄くスライスされた生のタコ足を、芯だけが生な程度に湯にくぐらせると、柔らかく淡白でいくらでも食べられてしまうほど絶品です。

漬けるタレは、ポン酢が主流ですがゴマだれや味噌だれなどに、御自身の好みやアイデアを加えたオリジナルのたれと、何にでも合うでしょう。

たこしゃぶ1

マダコとミズダコ

広く一般的にタコと呼ばれるものは「マダコ」のことです。マダコには近種が多くいますが、どれも食味に違いが無いため「マダコ」と総称されているケースが多いようです。
体長は最大でも60cm前後で、国産のマダコは茹でると足が綺麗に頭部(正確には胴体)に向かって丸まり小豆色になるのが特徴です。

マダコ

国産のマダコは綺麗に丸まる

輸入されるマダコはアフリカ産が多く、茹で上げても国産のようには足が綺麗に丸まらないため区別できましたが、日本の水産会社が綺麗に丸まる加工法を編み出したため、見た目で区別するには色の違い(国産は小豆色、アフリカ産は赤)だけで見分けるようになっています。
マダコの水揚げ量は年々減ってきているので、市場の価格は上昇し高級品となってきています。

ミズダコはゆうに10kgを越え体長は3メートル以上にもなる世界最大のタコです。マダコより冷水性で身に水分が多いため「ミズダコ」と呼ばれています。
夏が旬とされているものの、北海道沿岸では一年中水揚げされていてその味が楽しめます。
水揚げ量はマダコより多く価格も安いうえ、「たこしゃぶ」など新しい食べ方により人気が上がってきています。商品としては、体長が大きいので足ごとに切り分けられて販売されることが普通です。
煮てもマダコほど身が硬くならないので「シーフードカレー」など煮物にも向いているほか、刺身にする場合は足の身と大きな吸盤を切り分けて、それぞれの歯応えの違いを楽しむといった味わい方もできます。
最近はタコの伝統の味である「酢ダコ」にも、ミズダコが使われることが多くなっています。

たこしゃぶ2

「たこしゃぶ」を食べた後のお湯にはミズダコの美味しい出汁が溶け出しています。牛しゃぶや蟹しゃぶとは違った出汁の味を楽しむために、雑炊やおじや、麺類を入れて最後まで「たこしゃぶ」楽しむことができます。

↓↓↓

Amazon.co.jpで購入する

SPONSORED LINK

      2016/08/27

 - タコ