北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

ズワイガニ【姿】の通販ならここ。安さと大きさで2店ご紹介!濃厚なカニ味噌をどうぞ。

カニ味噌好きには姿売り

ズワイガニ 姿ズワイガニのカニ味噌は毛ガニと比べてまったり濃厚で味わい深いのが特徴です。

予算的には脚のみの商品のほうがお安いですが、やはりカニはカニ味噌も味わうのがその醍醐味といえます。カニ味噌

国内で流通するズワイガニは3種類あります。

■本ズワイガニ(オピリオ種)- もっとも流通量が多い。日本海、オホーツク海

■大ズワイガニ(バルダイ種)- 大型だが流通量少ない。オホーツク海、ベーリング海

■紅ズワイガニ - 日本海からロシア沿岸の深海

本ズワイガニは、松葉ガニや越前ガニといったブランドで、日本人になじみの深いカニです。大ズワイガニは少し太めの大型のズワイガニで、流通量が少なく販売も肩脚のみが一般的です。味は本ズワイガニも大ズワイガニも遜色はありません。紅ズワイガニは、もっとも深海から水揚げされるため鮮度の維持が難しく、身も少ないため加工品に回されることが多いです。

■マルズワイガニ - 缶詰など加工品に使用される。すべて輸入されたもの。

カニ缶の原材料表示で目にする機会の多いマルズワイガニですが、これはズワイガニの仲間ではなく商品名です。正式名は「オオエンコウガニ」といい、大西洋だけで獲られるカニです。
味はズワイガニに負けず劣らず美味しいカニで、西ヨーロッパでは高級食材となっている国もあります。
日本の食品メーカーであるマルハが自社のカニ漁獲船で操業しており、船上で茹でられた後に冷凍されて日本へ輸入されています。
日本国内ではズワイガニの価格が上昇すると、代替品として需要が増えるのがマルズワイガニで、そのほとんどが缶詰や業務用の加工品として利用されています。

 

お取り寄せはこちらのお店

今回、この中からいちばん流通量の多い「本ズワイガニの姿」を扱うお店を「安さ」と「大きさ」に分けて、2店の通販メーカーを紹介したいと思います。

かに吉 有限会社 大輝(稚内市)
大きさならここ。カニの水揚げの本場である稚内市にあるカニ専門店です。
質の良い本ズワイガニが獲れる「間宮海峡産」を扱っています。地の利を生かし、活きた堅蟹だけを職人が浜茹でして急速冷凍してあるそうです。防腐剤、酸化防止剤、日持向上剤などの保存料は使用されていません。商品重量の表記も「茹でた後」に計測したものです。
在庫数も豊富で、通常サイズから特大サイズまで予算や用途に合わせて選べるのも嬉しいですね。
無料会員登録(特別価格・ポイント制)、送料無料(購入¥30,000以上かつ10kg以下)、ギフト無料対応、といった一般的なサービスも用意してあります。

capture-カニ吉

カニ吉 TOPページ画

⇩バナーからお店TOPページへ移動できます。⇩

かに吉cats

匠本舗『かに本舗』(本社:大阪市)
安さならここ。安かろう悪かろうでは困りますが、匠本舗は数あるカニ通販店の中でもNo.1の販売量を誇る最大手メーカーです。価格の安さは大量仕入れのなせる技なのです。お客の満足度も高く、ネット界で数々の賞を受賞しています。
ここの本ズワイガニも同じくボイル急速冷凍ですが、発送は業務用原料箱(ダンボール製)のためギフトには不向きで、輸送中の振動で脚が折れたり外れてしまう不安もあります。それでも量が減るわけでもなく味が落ちることもないので、ご家庭で召し上がるのであれば気にすることもないでしょう。おまけに、送料無料、代引き手数料も無料なので、予算を優先したい場合はもっともオススメできるお店となります。
無料会員(ポイント制)もあるので、購入前に忘れず登録しておきましょう。

capture-匠本舗

匠本舗(かに本舗) TOPページ画

⇩バナーからお店TOPページへ移動できます。⇩

cats

>>【関連】「タラバガニの姿」の記事を見てみる<<

>>【関連】ズワイガニ商品の記事一覧<<

SPONSORED LINK

      2016/08/13

 - カニ , , ,