北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

毛ガニ 旬に入りました。春はオホーツクの活き蟹!

最新ページへ移動します。移動しない場合はこちら⇒クリック

毛蟹ファンの人が、待ちに待った季節になりましたね。

流氷が沖に消え去り、漁ができる状況になって毛蟹がどんどんと水揚げされています。

「毛蟹の旬って冬じゃないの?」という声も聞かれますが、

確かに売上の面でみれば、年末から年明けに掛けてがもっとも売れているそうです。

冬に蟹をいただくと縁起がいいような気がしますし、実際に美味しいですよね。

でも実は、3~5月のオホーツク海の毛蟹はもっと美味しいんです。

 

毛ガニ  流氷オホーツク海では、2月から流氷が接岸してしまい漁ができなくなってしまいます。

その間、毛蟹の資源は守られることになります。

3月に入り、気温が上がり始めると流氷が溶け出し、海中は大量のプランクトンで溢れます。

その豊穣の海で毛蟹は育ちます。

毛ガニ 流氷明け流氷明け黄金毛ガニ

身は甘くぎっしりと詰まり、かに味噌は濃厚さを増します。

これが「流氷明けの黄金毛ガニ」と呼ばれる、オホーツク最高の蟹です。

一年中、蟹の味見をしている仕入業者の方も、この「流氷明けの黄金毛ガニ」だけは

自分用に確保するそうです。

販売業者は、この極上の毛蟹の味をそのまま全国の消費者へ届けるべく、試行錯誤を繰り返しました。

いくら仕入れ前の市場で「4特 堅蟹」の最高ランクを付けられていても、

その後の輸送や加工で、少しでも気を抜いた扱いをしてしまえば味は落ちてしまいます。

殻の臭みが身に染み付いてしまったり、保冷剤による水分で身が水っぽくなるのです。

これを解決したのが、水揚げ後即発送の『活き』と、浜の熟練者が炊き上げた『ボイル』です。

『未冷凍』のまま消費者に届く、まさに今まで道民だけが味わえていた毛蟹本来の味なのです。

 

 

誠実な通販業者を選びたい

昨今はネット通販の発達により「中間業者を省いて~」だとか「格安&スピード発送」といった

売り言葉が目に付きます。

しかし、毛蟹は他の蟹と違い、大変仕入れの難しい蟹なのです。

資源量が多くはなく、人気があるため市場では奪い合いが起こります。

ですから「3特」や「4特」といった良質の毛蟹を安定して確保するためには、

信用のある仲買人は欠かすことができません。

毛ガニ大小

供給が間に合わないからといって、埋め合わせに脚が折れていたり、

小型の蟹を混ぜて発送されてきたら騙されたも同然ですよね。

そういう意味でも、適正な価格であるか発送日時についての説明があるか

といった見極めが必要になってきます。

重量表示についても、「2kg」や「3kg」の記述が

蟹自体のみの重さなのか(鮮度保持剤込みで表示している業者があります)の説明が

あればなお安心ですね。

 

capture-北海道地場の味

北海道地場の味通販サイトです。

品揃えや全国一律の送料、消費者の満足度、リピーターの多さに定評があります。

この「流氷明けの黄金毛ガニ」もラインナップしており1ページをフルに使い商品説明してあります。

さらに商品詳細、ご購入は下記リンクからお願いします。

SPONSORED LINK

      2016/07/05

 - カニ , ,