北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

花咲ガニ【姿】【ボイル冷凍】『幻の蟹』北海道より直送

主に花咲半島の周辺で水揚げされたことから名前がついた「花咲ガニ」capture-網走水産

花咲半島

茹でると茶色の甲羅が文字通り花が咲いたように真っ赤になります。

これでもかというくらい棘だらけの甲羅に包まれた身はぎっしりと多く、独特の味を持っています。

しかし、資源が少なく昔から「幻の蟹」といわれてきました。道民でさえめったにお目にかかれません。

通販用に流通している量はごく僅か。1年を通して品薄の状態なのです。

網走から直送

通販メーカーの多くは従業員の人材確保などの面から大都市に集中しています。でもこの「花咲ガニ」を販売する「網走水産」はカニの本場であるオホーツク海に面した網走市に居を構える水産加工メーカーです。
仕入れから販売・発送までのキメの細かい管理や、産地のメリットを生かした高品質な品揃えが可能になっています。

流氷船とウミネコ-網走沖

流氷船とウミネコ-網走沖

流氷が海を閉ざす冬が過ぎ、海が明けると一斉に海産物の水揚げに賑わいます。5月、桜が開花するころになるとアスパラガスから始まり農産物の出荷も本格化していきます。
網走水産は、これらの海産物・農産物を順次仕入れて、巨大冷蔵施設を備えた発送センターより、全国へ新鮮な商品を届けてくれます。

capture-網走水産3

網走水産-発送センター

また、網走市の隣の北見市には直営店があり、全道各地の物産店にもオホーツクの特産品を卸している大手メーカーなのです。

capture-網走水産4

北見市郊外の直営店

 

花咲ガニの食べ方

三大ガニ(毛ガニ・タラバガニ・ズワイガニ)と比べて非常に希少な花咲ガニはカニの中では大型の部類に属します。タラバやズワイより脚は短いですが、その分、身の入りがいいのが特徴です。
花咲ガニはタラバガニと同じヤドカリの仲間です。味も毛ガニやズワイガニと違いどちらかというとタラバガニに近いとも言えます。しかし、その身は水分が少なく繊維がはっきりとしていてプリッとした歯ごたえです。茹でると、どことなく甘い風味がしてカニというよりエビの身に近いともいわれます。
【ボイル冷凍】とは、浜ゆでされたあとすぐに急速冷凍された状態です。しっかりと素材の味が閉じ込められた状態で届きますので、あとは解凍してお好みのレシピでいただきます。
レシピといってもそのままが一番美味しいので、三杯酢に付けて食べてみるのをオススメします。
花咲ガニはその頑丈な甲羅からも出汁が出るので、空いた殻や爪の部分を利用して味噌で味付けした鍋や味噌汁にします。これをお椀に盛りつけると有名な「カニの鉄砲汁」の出来上がりです。

北海道網走市に根を下ろす網走水産の公式サイトです。

貴重な「花咲ガニ」の購入は下記リンクからご利用下さい。

こちらのショップでも扱っています※希少なメスがあるかも!

↓↓↓

北海道稚内市から新鮮なカニを直送する蟹問屋「かに吉かに吉

 

↓↓↓

Amazon.co.jpで購入する

 

 

SPONSORED LINK

      2016/08/08

 - カニ , , , , ,