北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

カニ缶詰【通販】ギフト・自宅用のオススメ2ブランド

お手軽にカニの美味しさを味わえるうえ、高級感もあるので贈答用としても昔から重宝されてきた「カニ缶」です。カニ缶

スーパーなどで買い求める際には、マルハ(あけぼの)やニッスイなどの、大手メーカーのお手ごろな価格のものを中心に陳列されていることが多いですが、カニ缶には他にも、超がつく高価なものからこだわりを持った水産メーカーのものまでいろいろあります。

 

カニ缶の種類

カニの缶詰はカニの種類・身の形状に分けることができます。

原料とされるカニの種類

本ズワイガニ(ズワイガニ)
産地によって松葉ガニや越前ガニなどのブランド名が付けられているもっとも一般的なカニが本ズワイガニです。
加工していない姿売りや脚のみの商品数は多いですが、意外に缶詰にされることは少ないカニです。

紅ズワイガニ
ズワイガニより深海に生息する紅ズワイガニは、その身に水分が多く鮮度が落ちやすいため、缶詰などの加工品に使用されることの多いカニです。
身も細く安価でズワイガニより味も劣るとされますが、新鮮な紅ズワイガニは甘みの強い美味しい身であり、加工方法の発達により刺身で食べられる生の商品もあります。

■マルズワイガニ(丸ずわいがに)
マルハニチロが大西洋で水揚げして輸入していますが、ズワイガニの近縁種ではなく別種のカニで正式名は「アフリカオオエンコウガニ」といいます。
味は美味で西ヨーロッパでは高級食材とされています。水揚げされた船上で茹でられ冷凍されて日本に送られてきます。
日本では、タラバガニやズワイガニの価格が上昇してしまうと、代わりにマルズワイガニの需要が増え、現在は缶詰の原材料として広く普及しています。

タラバガニ
資源の減少や漁獲規制の影響から、価格は高騰しており缶詰としても高級品となっています。
一缶が1万円以上する商品もあり贈答品として用いられることが多い商品です。
サイズが大きくて食べ応えでは右に出るものはないタラバガニの本来の楽しみ方は、姿や肩脚の生かボイルの商品だと思いますので、自宅用としてのタラバガニの缶詰はオススメしません。

毛ガニ
上記のカニに比べ小型でそのままの身の味が濃い毛ガニは、身をほぐす手間のかかる缶詰や加工品には不向きです。
毛ガニを使った鉄砲汁の缶詰はありますが、一匹丸ごと(姿)の商品が一般的です。

身の形状

かに缶ー種類■棒肉
脚から身を取り出した状態のままの身です。脚の中でも一番太い部分を使用した「一番脚」といった商品などがあります。

■脚肉
脚が折れてしまったり身が割れてしまった脚や肩の身のことで棒肉より味が劣ることはありません。タラバガニでは棒肉のサイズが大きいため分割されて缶詰にされ脚肉と表示することがあります。

■ほぐし身(フレーク)
フレーク状に細かくほぐされた状態の身です。

※このほかには、棒肉+ほぐし身、カニ味噌+ほぐし身などの種類もあります。

カニ缶の中の包み紙

カニ缶には蓋を開けると半透明の白い紙に包まれているものが多いですが、これはカニの身に含まれるイオウと缶詰の鉄が化学反応を起こし、身が黒変するのを防ぐためです。イオウは牛肉など動物の肉に含まれていますが、カニの身は白くて変色すると目立つためカニ缶に使われることが多いのです。
現在は、缶詰の内側にメッキ処理がされていたりアルミ缶の使用により、変色する可能性は低くなりましたが、紙に包まれていることで高級感があり見栄えがよいといった理由で、変わらず包み紙の使用が慣例となっています。

 

おすすめはコチラ

①マルハニチロマルハ
100年以上の缶詰製造の実績を持つ食品・水産貿易の総合メーカーです。
プロ野球・大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)のオーナー企業でもあったマルハが同業のニチロと経営統合して現在の企業名となっています。
カニ缶のメーカーとしても最大手となり、「マルハ」と「あけぼの」ブランドでスーパーなどにおいて多数の商品を展開しています。カニ缶シリーズの中には最も高級である「特選たらばがに脚肉」や「金選~」などのギフト向けから、いまやカニ缶の代名詞となりつつある「まるずわいがに」などがあり、すべて北海道の稚内や釧路の工場で生産されています。
高級なものはスーパーなどに置いていない場合が多いので、通販サイトを利用すると商品選びも簡単で便利です。贈答用のセット商品もあります。

↓↓↓

amazon.co.jpから購入する(マルハ)

amazon.co.jから購入する(あけぼの)

 

②マルヤ水産マルヤ
1950年創業の日本では珍しいカニの冷凍食品から缶詰などを扱う水産加工メーカーです。
宮城県の名取市閖上に本社と工場、亘理町に工場がありましたが、2011年3月の東日本大震災の津波により閖上の本社と工場が壊滅する被害を受けてしまいました。
翌年7月、亘理町の工場を増設し本社と工場としてカニ缶詰の製造ができるまでに復興したそうです。
カニ缶の質には定評があり、水揚げから冷凍せずに加工した「フレッシュ紅ズワイガニ」は紅ズワイガニ本来のうま味を損なうことなく缶詰に閉じ込めた逸品です。

↓↓↓

amazon.co.jpで購入する

 

SPONSORED LINK

      2016/08/20

 - カニ ,