北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

毛ガニ【浜茹で】【各サイズ特価】オホーツクから直送・旬が詰まった濃厚な蟹

capture-毛ガニ1

毛ガニの旬・サイズによる味の違い

毛ガニは特有の味が濃く人気の高いカニです。道民にとっては「蟹といえば毛ガニ」というくらい海の幸の代表的な存在であり、北海道の自慢の味です。

旬は、一般的に冬と思われがちですが、オホーツク海・太平洋の沿岸でほぼ一年中水揚げされていて旬の味が楽しめるのです。

また、毛ガニは大きく(高齢に)なるほど大味になってしまい食べ応えはありますが、味の面では中型(※ゆで後で約350~550g)のサイズが最もおいしいとされています。(特大が不味いわけではなく、中型と比べて、ということです。)

祝い事など大きなサイズを優先したいとき以外は中型サイズの購入をオススメします。

販売店ではどんなサイズであろうと売らなければいけないので商品説明に「特大サイズですが大味です」とは表記しませんので、購入する側が知識として覚えておきましょう。

※カニは茹でると重さが1~2割ほど軽くなります。(例:活きカニ500g→ゆで後約400~450g)

かに販売店

 

「浜茹で」の美味しさ

毛ガニを茹でるのは簡単です。でもこの「浜茹で毛ガニ」を茹でているのは、熟練の職人です。なぜ茹でるだけなのに職人が必要なのでしょうか。

そこには加熱して終わるだけではない「加減」があるからです。活きている毛ガニから浜茹で毛ガニへ仕上げる「塩加減・茹で加減」は、一般人にはなかなか真似のできない経験による勘が不可欠になります。

長年、毛ガニを茹でてきた職人さんは、水揚げされた時期や毛ガニそのものを見て、本当に微妙な調整をしながら茹であげています。ここに家庭で茹でたものとの違いがあって、毛ガニを食べた時に感じる甘みの差となって現れるのです。

オホーツクの毛ガニ

 

解凍&温め(大切)

浜茹で毛ガニは、茹であげるとすぐ急速冷凍されて発送され、クール冷凍便で届きます。

解凍は、必ず「冷蔵庫(冷蔵室)」で行います。室温や電子レンジは禁物です。室温での解凍を推奨している業者もありますが、室温は不安定なものであり衛生面においてもおすすめはできません。また、生食用の冷凍品を解凍するときの「流水による解凍」もいけません。

解凍時間は、冷蔵庫の設定にもよりますが、おおよそ24時間を目安にします。したがって、召し上がる期日が決まっている場合、前日までには届くように手配しましょう。

ほとんどの方は、毛ガニの味噌もいただくでしょうから、解凍時はお腹を上に向けた仰向けの状態にしておきます。カニ味噌から水分が流れ出てしまわないようにするためです。

解凍が済んでも、冷蔵庫に入っていた毛ガニは冷たい状態のままです。そのまま召し上がってももちろん構いませんが、身やカニ味噌に含まれる脂肪分が冷えた状態では、充分に旨味として感じられず「いまいち」な評価になりかねません。

簡単な方法で「茹であがったばかり」の状態に戻してあげましょう。

「蒸す」ことで温めてあげるだけです。ここでも、電子レンジの使用は避けましょう。電子レンジは短時間で熱を通すので、身や殻から臭みや水分が出ることがあります。また、もう一度、お湯で茹でるなんてことは絶対ダメです。身が水っぽくなるだけです。

蒸し方は、せいろがあればいいのですが無い場合でも、毛ガニが入る鍋かフライパンがあればそれを使います。鍋かフライパンに水を少しだけ入れて、足付き蒸し網の上にやはり毛ガニを仰向けにして置き蓋をして火にかけます。フライパンでは蓋の代わりにアルミホイルを被せます。

温め

目的は「温めるだけ」です。アツアツにする必要はないので、弱火で10分前後で火を止めて、その後、蒸らしで調整するぐらいでいいと思います。時間のかけ過ぎ、加熱し過ぎは水分が抜けて身が堅くなったりパサつきの原因となります。

じっくりと解凍する方法を推奨している理由は、旨味のある水分が解けながら身の中に馴染むには、ある程度の時間が必要とされているからです。どうしても解凍に時間をかけられない場合は、冷蔵庫での解凍の手順を飛ばして、凍ったまま蒸してから召し上がってください。

殻剥きするときは、忘れず軍手をしてください。甲羅にあるトゲは意外と鋭いので気をつけましょう。

それでは、北海道特産の「浜茹で毛ガニ」を堪能してください。cats


カニの本場、オホーツクの港町網走市にある網走水産が販売しています。

サイズ・数など豊富なラインナップの中から予算に合わせてお選びください。

さらに商品詳細、ご購入は下記リンクからお願いします。

 

>>【関連】活き毛ガニの記事を読む<<

 

SPONSORED LINK

      2016/08/02

 - カニ , ,