北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

タラバガニ【生】【肩脚】通販最大サイズを揃えたお店をご紹介!

capture-タラバガニ1

他店で「特大」と記述されているサイズを軽く上回る「超特大」です。

カニ通販No.1メーカーでしかできない品揃え。

4~5Lサイズが「特大」とされるタラバガニ。

しかし「匠本舗」では、なんと6L~10Lという「超」が付く巨大な商品をラインナップ!

食べておどろく、もらっておどろく、逸品です。

capture-タラバガニ2

サイズ 10L 9L 8L 7L 6L
重さ 約2.4kg 約2.1kg 約1.9kg 約1.6kg 約1.4kg
価格 19,800円 14,800円 10,800円 9,900円 8,900円

※価格は2016年6月現在のものです。仕入れ状況により変動する場合があります。

※購入価格8,000円以上で送料無料となります。

※商品の箱サイズはすべて《横62.5cm×縦25.5cm×高さ10cm》になっています。贈答用にご参考にしてください。

※箱にはカニの調理法が記述された冊子が同梱されます。また、箱の中に値段が分かるものは入っておりません。安心してギフト用にもご利用いただけます。

※当商品は加熱してからお召し上がりください。

減っているタラバガニ商品!?

かつて、北海道の港にはカニを積んだロシア船がたくさん入港してきました。

その多くが実は密漁によるものでした。公式に発表される水揚げ量よりも多くのカニが市場に出回っていたといいます。

そこで日ロ両国は2014年末、資源保護と健全な貿易のための協定を結び、密漁船の締め出しを行いました。

すると、三大ガニ(毛ガニ・タラバ・ズワイ)の日本での市場価格はみるみる高騰し始めます。カニの流通量のなんと7割が密漁によるものだったからです。

主に、道内のカニ販売店などは大打撃を受けました。同じく、カニを買い求める消費者にとっても、前年から跳ね上がった価格や欲しくても売っていないといった状況に、面を喰らった状態でした。

ここで強みをみせたのが通販業者でした。十八番であるネットワークの広さを生かして、全国から質の良いカニを仕入れたり、一隻丸ごと漁獲船と契約して、店頭販売では捌き切れない量を販売することで、価格の上昇を最低限におさえたのです。

 

タラバガニの今後

冷水を好むタラバガニは、三大ガニの中でも北洋産(ロシア産)への依存度が高いカニです。漁場2

タラバガニの水揚げは例年、春にピークをむかえます。しかし、2016年の春は、これまでには無い異常とも言える少なさでした。

海水温の上昇、過去の乱獲の影響、さらに深い闇の中での密漁の横行、等が原因ではないかと囁かれています。

今回、この記事で紹介したサイズのタラバガニが、今後同じような価格と品揃えで登場するかは定かではありませんが、「カニの王様」であるタラバガニの復活を願うばかりです。

 

capture-匠本舗

顧客の満足度や販売量から、通販業界で数々の賞を受賞した「匠本舗」が販売しています。

希少になりつつある「カニの王様の味覚」をこの機会にご堪能下さい。

商品の詳細、ご購入は下記リンクよりお願いします。

 

>>【関連】タラバガニの商品記事一覧を見る<<

 

SPONSORED LINK

      2016/07/29

 - カニ ,