北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

紅ズワイガニ【生食用むき身(ポーション)】【稚内産】通販用に急速冷凍!

一般に通販に不向きとされている紅ズワイガニを加工と冷凍に工夫を重ねて、お刺身で美味しく食べられるようにしてあります。紅ズワイガニ0殻は持ち手を残して完全に取り除いてあるので、解凍してすぐ食べられる状態になっています。

 

紅ズワイガニは鮮度がカギ

本ズワイガニに比べて小型で細身の紅ズワイガニは身に水分が多く、茹で上げるとさらに身は細くなってしまいます。カニの中では価格が安くお手軽の感がある紅ズワイガニですが、通販で購入すると食べ応えの無さや水っぽい味に後悔する人も多いようです。「どうせ安いから・・」と割り切って購入していればいいですが、本ズワイガニやタラバガニのような身を期待しているとガッカリするかもしれません。

しかし本来、紅ズワイガニは大変美味しいカニで、水揚げされる港がある街では漁師が好んで食べているのです。新鮮な紅ズワイガニは他のカニと違い、身はトロッとして甘く刺身は甘エビのように絶品です。
新鮮な紅ズワイガニは茹でても刺身でも「みずみずしい」カニですが、冷凍・解凍したとたん「みずっぽい」に変わってしまいます。生のまま普通に冷凍しただけでは本来の味は戻りません。
新鮮さを保つためには、水揚げ後に素早く鮮度保持のための加工と急速冷凍が必要不可欠です。そうすることによって、ようやく港町で食べられている獲れたての紅ズワイガニを通販で届けられるようになります。このため刺身で食べられる生の紅ズワイガニを扱っている通販業者は少ないのです。

 

紅ズワイガニは新参のカニ

紅ズワイガニの生息が確認されたのは1943年に山陰沖で捕獲されたのが初めてで、まだ歴史の浅いカニでもあります。本格的な漁が始まったのは戦後になってからでした。
本ズワイガニ(200~600m)に対して紅ズワイガニ(600~2500m)は深海に棲んでいます。かつては大漁続きの時期があり、缶詰やカニカマなどの加工品としてすぐに一般的になりました。
現在は輸入量が国産の10倍にもなり、国産の紅ズワイガニは減少しています。殻からはキトサンが採れ健康食品や医薬品に利用されている側面もあります。

 

任務:解凍せよ!

お店で完璧に冷凍処理してある状態で届きますので、あとは解凍すれば食べられます。
しかし!この解凍で失敗してしまうと元も子も有りません。水分の多い紅ズワイガニは室温や冷蔵庫での解凍は厳禁です。水が抜け過ぎて身がしぼんでしまったり酸化して黒変する場合もあります。

真っすぐな身がきちんと水に浸かる入れ物を用意して、食べる分だけを流水で解凍しましょう。ただし、ぷよぷよになるまで完全解凍せずに、身の芯が凍っている半解凍の状態で充分です。お皿に盛りつけた後も水分は流れ出していますので、なるべく早く召し上がってください。食べ残したものを再冷凍するのは避けましょう。解凍せず冷凍のままであれば冷凍庫で1カ月までは保存可能です。

面倒そうな書き方をしてしまいましたが、時間もかからず簡単ですよ。基本は「茹でガニはゆっくり解凍」「生のカニは短時間解凍」と覚えておきましょう。

 

capture-匠本舗 販売元の「匠本舗」はカニ通販の最大手です。

大量仕入れにより販売価格を下げ、独自のノウハウで新鮮なカニを日本全国に届けています。

客を満足させ続けるその業績は「インターネットショップ6年連続1位」といった受賞歴に表れており、もっとも安心してオススメできるお店です。

さらに商品詳細、ご購入は下記リンクからお願いします。

 

>>【関連】ズワイガニの商品記事一覧<<

 

SPONSORED LINK

      2016/07/29

 - カニ ,