北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

いくら醤油漬け・すじこ 【オホーツク産】本物は違います!大粒で柔らかい自慢の味

いくら・すじこ ~ 自宅用・贈答用 ~ 各種

いくら醤油漬け

言わずと知れた北海道は鮭の本場。

その北海道産の中でも、もっとも美味しいとされる「オホーツク海のシロサケ」。

寒流に揉まれて引き締まった鮭のお腹から採られたイクラは紛れもなく日本一の味です。

日本海側に住む道民からも「日本海産は自宅用、オホーツク海産は贈答用」と分けられるほどオホーツクの鮭は重宝されています。

オホーツク沿岸には、枝幸港、雄武港、ウトロ港、羅臼港など、鮭が水揚げされる名だたる港が連なっています。その中心ともいえる港町、網走市の「網走水産」が販売するのが、この「いくらの醤油漬け」と「すじこの塩漬け」なのです。hokkaido

テレビでも紹介され人気に拍車がかかっている「網走水産のイクラ醤油漬け・塩すじこ」を、ぜひお取り寄せでご利用下さい。

・いくら醤油漬け
 瓶詰め・箱詰め 各種価 1,300円~18,000円

・塩すじこ 500g 特価 4,320円

※購入10,000円以上で送料無料となります。
※贈答用「のし」「メッセージカード」が必要な場合は注文時にオプションとして指定できます。

瓶詰め

瓶詰め 70g 1,300円

イクラの種類

お寿司屋などで食べられているイクラにも種類があるのをご存知でしょうか。
北海道・東北の河川に戻ってくるお馴染みのシロサケの卵「イクラ」と、ニュース等でよく耳にする「サケ・マス漁業」のマスにあたるサクラマス(本マス)とカラフトマス(青マス)の卵「マスコ」。これに加えて、昨今の流通量がグッと増えた養殖魚であるサーモントラウトの卵も「イクラ」の一種です。
この中で最も高価なのが、シロサケのイクラで100g-1,000円以上するものもあります。回転寿司で安価で食べられるイクラはサーモントラウト(海洋養殖のニジマス)の卵です。
シロサケとサーモントラウトのイクラは粒の大きさで見分ける事が出来ます。シロサケのイクラは直径6~8ミリの大粒で、サーモントラウトのイクラは直径4ミリ以下で小粒となります。
また、天然のイクラは、河口から離れた沖で水揚げされた未成熟のものが皮(卵膜)が柔らかく高級とされていて、河口の近くで捕獲された成熟し皮が硬くなったイクラは値が下げられているのが一般的です。

※「鮭の種類、天然・養殖」について、当サイト「紅鮭の記事」でさらに詳しく触れていますのでご一読下さい。

いくらの軍艦

 

イクラとスジコ(筋子)の違い

ご存知の方は読み飛ばしてもらってかまいません。
味付けしてある、無しに関わらず、サケのお腹から採り出したままで房の状態のものを「スジコ」、機械や手作業で一粒ずつほぐしてあるものを「イクラ」といいます。
手間によるコストの影響から「イクラ」のほうが「スジコ」より若干高値となります。

イクラとスジコ

↖イクラ   筋子↗

また、今となっては豆知識ともいえませんが、「イクラ」はロシア語で「Икра(ikra)」が語源で、魚の卵・小さい粒という意味です。つまりチョウザメの卵「キャビア」もイクラの一種になります。

鮭 2


北海道「網走水産」は水産加工の大手メーカーになります。

capture-網走水産3

巨大冷凍庫をもつ発送センターより全国へ新鮮な特産品を届ています。

capture-網走水産4網走市のとなり、北見市郊外には直営店も。

さらに商品詳細・ご購入は下記リンクからお願いします。

 

>>【関連】いちばん屋の「ウニ・いくらセット」の記事を読む<<

SPONSORED LINK

      2016/07/29

 - イクラ , , ,