北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

シシャモ(柳葉魚) 北海道【産直】『本シシャモ』オス/メス(子持ち)

北海道の干し物の代名詞「シシャモ」はいかがですか?

ししゃも メス

正真正銘の貴重な北海道産です。

シシャモ好きが選ぶ、身の美味しさを追求するなら「オス」。

プチプチの食感で、お子様も夢中になる子持ちの「メス」。

函館朝市からいちばん屋が直送でお宅まで届けます。

 

シシャモはシシャモじゃない

ご存知のかたも多いと思いますが、私たちが普段スーパーや居酒屋で目にするシシャモのほとんどが「カラフトシシャモ」とよばれる別種の魚です。
別種であっても非常に近い種類かといえば、そうとも言えません。
どちらも「サケ目キュウリウオ科」ですが、シシャモは「シシャモ属」カラフトシシャモは「マロータス属」に属しています。これは、兄弟というよりは「いとこ」くらい離れた種類と言えますし、カラフトシシャモは「カペリン」といった英名もあります。
当然、それぞれの味も違いますが、一番の違いは「漁獲量の違い」です。カラフトシシャモは北極海を中心とした世界中で水揚げされており、年間漁獲高は約160万トンにのぼります。一方、シシャモは北海道の太平洋側だけに生息する日本固有種で、年間漁獲高も500~1000トンに過ぎません。
本州の居酒屋チェーンなどではまず北海道産シシャモは食べられません。味も断然、北海道産のほうが美味しいです。

>>シシャモのレシピ for cookpad<<

 

縁起物の「子持ちシシャモ」

子持ちは「子だくさん」を表し、希少であればなおさら縁起物として重宝されます。
産地の各漁業組合では、古くからシシャモのふ化事業を行い資源の増殖を図ってきました。しかし、1988年には漁獲高が過去最低の400トンまで落ち込み、現在も安定した漁獲量を保てない状況が続いています。
鮭などに比べて人工授精が難しいのと産卵河川の環境の悪化などが原因と言われています。ぜひ、これらの困難を乗り越えて、我が国の少子化問題を少しでも解決に導くためにも一役買ってほしいものです。

 


capture-いちばん屋

いちばん屋では「シシャモ・10尾」のほか、
シシャモ・ホッケ・かれい・イカ・キンキといった北海道特産の干し物セットなどもラインナップしています。
グリルで焼くも良し、バーベキューのお供にも最適ですね。

さらに商品詳細、ご購入は下記リンクからお願いします。

SPONSORED LINK

      2016/10/31

 - , ,