北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

ホッケ 北海道産の中でも特別な函館朝市の「根ボッケ」を産地直送!

北海道の特産品、ホッケの干物が函館朝市から産直で購入できます。

いちばん屋 ほっけ2

北海道で食べるホッケは格別に美味しいですが、中でも道南の岩礁帯で獲れる大きなサイズの真ホッケは「根ボッケ」と呼ばれているホッケの最高級品です。

ホッケの開き

大ぶりな魚体は、脂の乗りや身の味わいなどが他のホッケ類にはないレベルで、函館朝市の海産物を代表する食材のひとつとなっているのです。

「ホッケ」あれこれ

ホッケは一部を除いて冷たい海を回遊している回遊魚です。
秋に水深20mの沿岸での産卵を控え、5月ころに一旦岸寄りして荒食いを始めます。身に脂が乗り、旬をむかえる時期です。
この時期に砂浜で投げ釣りをしていると、ホッケの大群が水面をざわつかせながらゆっくりと移動していく場面に出くわすことがあります。あたり一面がホッケだらけになり、どんな餌を付けて投げ込んでも喰い付いてきます。あっという間に20ℓの肥料袋いっぱいに釣れてしまう祭り状態になるほどです。

回遊中に餌の豊富な岩場に棲みついてしまう真ホッケもいます。そこで成魚となり大きくなったものが「根ボッケ」です。コンブが生い茂る岩場を「コンブ根」と呼ぶことからこの名前がつけられました。魚体は最高で約60cmにもなることがあります。
一方、沖で回遊を続ける真ホッケは根ボッケよりサイズが小さいですが、身は美味しく一夜干しにすると絶品です。
まれに沖で獲れた大きなサイズの真ホッケを「根ボッケ」と称して売っている業者がありますが、厳密には沿岸の岩場で獲れたものだけが正真正銘の「根ボッケ」です。

魚体に太い横縞(よこしま)のあるものは「縞ホッケ」です。
日本近海の縞ホッケは脂の乗りが悪く真ホッケほどの美味ではなかったため、市場価格も安く取引されていました。しかし脂の乗りがいいロシア産が輸入され始めてからは、日本人の趣向に合ったこともあり価格が上昇してきています。
真ホッケよりも大きく成長する縞ホッケ、中でも特大サイズのものに「トロしまホッケ」と名前が付けられ高値で流通しています。このトロしまホッケは脂の乗りが尋常ではなく、焼き魚にするとポタポタと脂が滴り落ちるほどです。
おおむね、国産は脂分が少なく安値で、ロシア産は脂分が多く高値になっています。

真ホッケの中でも、約20cm前後のものを「ロウソクボッケ」とよんでいます。
文字通り魚体が細くロウソクのようで、まだ身が少ないホッケの若魚のことです。美味ではありますが魚体が小さいため一匹づつ捌いて開きにするには手間と人件費などのコストがかさむので、ちくわなどの加工品や飼料にまわされることが多い魚です。
水族館のアシカやイルカのショーで飼育員が与えている餌もこの「ロウソクボッケ」です。

ほっけリスト

※←例外あり

全国的に有名になった「ホッケの開き」ですが、歴史は意外と浅くて昭和50年ころからよく食べられるようになりました。

ニシンの資源が激減すると取って代わるようにホッケの漁獲が増えましたが、関東以南に出荷されていたホッケは塩辛く味付けされて脂の抜けたパサパサの身でした。ホッケは鮮度が落ちるのが早く脂焼けすると味が落ちてしまうためです。
本来の美味しいホッケは北海道や東北といった産地の近くで食べられているだけでした。
北海道から上京して暮らしていた人が、東京の食堂で故郷を懐かしんで「ホッケの開き」を注文したはいいが、出されたホッケを一口食べて「こんなのホッケじゃない」と落胆する話は良くあることでした。

北海道の様々な海産物・農産物が脚光を浴び、それに伴い冷凍冷蔵技術が進化していき流通システムの高速化もあいまって、新鮮な食材が全国で味わえるようになっていきました。このホッケもそのひとつです。

capture-いちばん屋

根ボッケが特産の道南から産地直送してくれるのが、いちばん屋です。

函館朝市の干しほっけは、道内の通販店でもなかなか扱っていません。

さらに商品詳細、ご購入は下記リンクからお願いします。

SPONSORED LINK

      2016/10/31

 - 海鮮バーベキュー, , ,