北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

キンキ(キチジ)の開き【特大・超特大】函館朝市・至高の白身魚

北海道産・ロシア産(北海道近海)から厳選された食べ応えサイズ

きんき1

海鮮の宝庫「函館朝市」のキンキは余所では味わえない質を誇ります。

職人さんが経験とこだわりを持って、一尾ずつ丁寧に干して仕上げられた逸品。きんき9-crop

他の魚とは比べ物にならない脂の乗りのキンキは白身魚の最高級魚です。きんき0

北海道産の特大サイズ(約350~400g)、ロシア産の超特大サイズ(約700g)は、どちらも希少なサイズとなっています。

そして、この函館朝市の「キンキの開き」が、お取り寄せ特別価格で販売中です。

キンキ特有の脂の乗り、繊細な味の「北海道産」

国産を上回る脂分、食べ応え十分の「ロシア産」 ※北方四島の近海産です

予算に合わせてお選びください。

産地 サイズ 重量 通常価格 特別価格
北海道産 特大 約350~400g 7,000円 5,480円
ロシア産 超特大 約700g 3,500円 2,480円

 

キンキ あれこれ

北海道で食べる「贅沢な味」の魚部門代表はこのキンキでしょう。
類を見ない脂の乗りと透明感のあるホクホクの白身は、至高の味を持ち食通を唸らせます。

正式名は「きちじ(喜知次、吉次)」ですが、広く「キンキ」とよばれています。祝い事のお供え物に用いられることも多い北海道の東部では「メンメ」ともよばれます。
関東でお馴染みのキンメダイ目キンメダイ科のキンメダイと混同されることもありますが、キンキはカサゴ目メバル科に属しており、市場価格はキンメダイの2~3倍もの高値で売られている高級魚です。

小骨が少ないので、子供から高齢者まで安心して食べられるのも人気の要因ですが、なんといってもキンキの特徴はその脂質にあります。身に含まれるタンパク質よりも脂肪分のほうが多いという珍しい魚で、特に縁側やカマの部分はほとんどが脂分で覆われています。
また、この脂肪分にはDHA・EPA・ビタミンEが豊富に含まれているのも大きな特徴です。

かつては、トロール船により漁獲量も多く安価な魚のキンキでしたが、現在は国産・ロシア産ともに漁獲量が減り、漁船の運航に必要な燃料費の高騰もあり市場価格が上昇、高級魚となりました。

capture-いちばん屋

函館朝市から直送される高級食材を多く扱う「いちばん屋」は
通販ショップの「料亭」ともいえます。

活きたまま届く、各種のカニ・ホタテ・アワビの他、
干し物などの加工品も品質が良く評判となっています。

初めて利用される方向けのお試しセット(特価5,000円)は大変お買い得です。

商品の詳細・ご購入は下記リンクからお願いします。

 

>>【関連】国産キンキを含む「干し物セット」の記事を見てみる<<

>>【関連】「根ボッケの開き」の記事を見てみる<<

 

 

SPONSORED LINK

      2016/10/31

 - , ,