北海道グルメデマンド

北海道は言うまでもなく日本で一番北にある島。でも、気候や生態系を考慮すると、じつは「オホーツク海最南端の島」とするのが正解なのです。 本州とはひと味もふた味も違う食材が揃うのが北海道。 その北海道から、産地直送で届くお取り寄せグルメや、おすすめ通販ショップの情報を更新しています。

刺身用甘エビ(南蛮エビ) 本場産の大サイズが送料無料

みんな大好き「甘エビ」です。

甘エビ 1kg

 

全国で食べられるようになった甘エビは、北国(ホッコク)赤エビ・南蛮エビとも呼ばれています。

エビ類のなかでも特に甘みが強いことから、「甘エビ」という名が定着した地域が増えました。

昭和30年代までは、冬の一時期だけ地元で食べられていた甘エビでしたが、漁場の開拓、

冷凍技術の発達による輸入ものの品質向上によって知名度が上がっていきました。

分布は太平洋・大西洋の北部で広く漁獲されていて、日本海・オホーツク海の

水深200~500mにも生息しています。

甘エビ 皿

私の地元が、まさにこの甘エビの本場のひとつでして

海水浴シーズンを迎えるまえに

町を挙げての「甘エビ祭り」が催され

海水浴客を上回る人出で、毎年大盛況を博しています。

町の居酒屋では、旬の冬になると客に甘エビの刺身が

お通しとして出されるほど「庶民の味」として認知されています。

 

熟成させたほうが甘い!

じつは、甘エビは獲れたての新鮮なものより、一度冷凍したものの方が甘さが強くなります。

タンパク質がアミノ酸に変化することによって甘みも増すわけです。

ただし、冷凍・解凍の繰り返しや鮮度が落ちてからの冷凍などでは甘みが乗らないこともあって、

産地から離れた地域のスーパーであまり甘くない甘エビが売っているのも、この辺が原因である気がします。

上記で、旬は冬と書きましたが、春は抱卵モノの旬でもあります。

秋は身ぶりが良くなり、一年中楽しめるのがこの甘エビの長所でもあるんですね。
甘エビ 冷凍今回、ご紹介する甘エビを販売しているのは、北海道旭川市

マルゲン後藤水産

なんと、ここの甘エビは「船上急速冷凍」なんです。

獲れたての甘エビを、その場で超新鮮なうちに冬眠

させるように急速冷凍してしまうのです。

注文してご自宅に届いたときには、まさに「完熟した甘エビ」

状態になっています。

お刺身でいただくともうトロアマです。ちょっと他では真似のできない味を体験することになると思いますよ。

 

頭は捨てるべからず

お刺身でいただいたあと残った頭はよく素揚げにして食べていました。

エビ100%のえびせんです。旨味が濃いので塩もなにも付けずにポリポリいけます。

もちろん味噌汁も最高ですし、甘エビのレシピはここには書ききれない程ありますので、

ご参考にクックパッドへのリンクを貼っておきます。>>甘エビのレシピ for CookPad<<

解凍は食べる分だけをボウルに入れて流水で3~5分で充分だと思います。

時間をかけ過ぎると甘みが流れ出てしまうのでお気を付け下さい。

 

capture-マルゲン後藤水産

マルゲン後藤水産TOPページ画

マルゲン後藤水産は道北の海産物が集まる旭川市にあります。

通販サイトは元気一杯のデザインでスタッフのやる気が感じられますね(^^)

さらに商品詳細、ご購入は下記リンクからお願いします。

SPONSORED LINK

      2016/07/29

 - エビ , ,